「Reboot Life」ランナー専門の技術力で根本改善

ランニング中の腹痛(差し込み痛)

 

コロナバナー

 

注目&なぜバナー

 

このような悩みは
\ございませんか?/

  • 走ってしばらくすると脇腹が痛くなる
  • 走れないわけではないが痛くて力が入らず走れない
  • 走る前はまた腹痛が起こるのでは?と不安になる
  • 脇腹を抑えれば治っていたがだんだんと効かなくなってきた
  • 肩に力が入って腕振りがスムーズにいかない感じがする
  • ここ一番で踏ん張ると痛みが出るので結果が出せなくて悔しい

↓

そのお悩み、
当院にお任せください!

 

 

当院はすべて
院長が施術
行います

 

院長バナー

 

雑誌バナー

 

他業種推薦バナー

 

 

有名ランナー一覧のバナー

 

 

実際のお客様の
お声をご覧ください
沢山の方から
届いております!

~その一部をご紹介します~

↓

「影の大恩人!」

所属していた中央大学陸上競技部時代に中本さんの施術を定期的に受けていました。
1〜2年時はシンスプリントの張り・痛みやランニング中の腹部痛(差し込み)によく悩まされていました。
また、疲労が溜まると、膝から下のふくらはぎや前脛骨筋のあたりがいつもむくんでいるような張りを感じていました。
いろいろなトレーナーさんにみていただいていましたが、中本さんの施術はとにかく痛くて(笑)、「通常ではその部位は押さないだろう…」という部位まで、とにかく全身を細かく施術してくださるためか、年々脚がスッキリしていき、腹痛もコントロールできるようになって、走りの調子も上がっていきました。
最終学年ではレース前に計画的にケアしていただいたおかげで、全日本大学駅伝と箱根駅伝ではしっかりと自分の力を発揮することができ、全日本大学駅伝と箱根駅伝でシード権を取ることもできました。
これも、中本さんの施術を継続的に受けてきて、練習の継続ができるようになり、少しずつ体が絞れて、調子が上向いてきたためだと思っています。あのまま腹痛に悩まされていたと思うと、「どうなっていたんだろう…」とゾッとしてしまいます。
中本さんは間違いなく大恩人です!ランナーの方で様々な不調に悩んでいらっしゃる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

(手島 駿 様 2022年箱根駅伝2区出走 2021年全日本大学駅伝アンカー)

※効果には個人差があります

「箱根駅伝前の重要な時期に助けていただきました!」

大学の現役時代にピンチの時に何度かお世話になりました。
初めは2ヶ月くらい続いていた股関節の痛みのような、抜けるような左右差のある感じで、殿部の筋がうまく使えず坐骨神経症状のような感じもしましたが、痺れはありませんでした。
マッサージや鍼をしていましたが、なかなかスッキリ改善せず、原因もはっきりせず、困ったことを覚えています。
また、別の時期には、3ヶ月くらい注射などでしのいでいた膝痛(ランナー膝)を患った時にもお世話になりました。
また、その際には、かばっていたためか、脇腹の差し込み症状や腰の張りが気になっていました。いずれも2〜3ヶ月経ってもスッキリ改善しない症状に困っていました。そのような状況の時に、トレーナーさんにリブートライフさんを紹介されました。
中本先生に施術していただいてからは、しばらくすると止まっていた歯車が動き出すように、少しずつ良い方向へ進んでいるのがわかり、確実によくなっていき症状をコントロールしながら、負荷をかけたきつい練習に戻ることができました。
冬のシーズン本番や箱根駅伝前には、念入りに施術していただき、なんとか箱根駅伝で結果を残すことができました。
中本先生はこちらの症状を伝えるだけで、あとは触って、いろいろな動きのチェックをすることで、自分の走りの良い点、悪い点を把握して、困っていた症状がひどくならないために自分にとって必要なセルフケアなどを適切にアドバイスしてくださるのでとても助かりました。
整形外科での施術、施術院でのマッサージや鍼もとても良いのですが、それだけで体を整えることは難しいことがあるのを知りました。
施術院での定期メンテナンスだけではスッキリ改善した感じがしないランナーの方は是非リブートライフさんをおすすめします!

(清家 陸 選手 2022年箱根駅伝9区出走)

※効果には個人差があります

「どこに行っても解決しなかった脇腹痛を改善してくれました」

自転車競技をやっています。高強度で運動すると脇腹が痛くなる悩みに苦しみ、病院でありとあらゆる検査をしましたが原因分からず途方に暮れていたところ、ネット記事でこちらを見つけて来ました。
お腹の筋もしくは他の部分も硬くなっていることで、脇腹に負担がかかっている可能性が高く、リリースしてもらいました。
施術は、全身を確認しながら硬いところをピンポイントで見つけ、ひたすら解していくというもので、施術中は痛いですが、終わった後には解れているのが実感できます。
また、施術に加え、家でできる呼吸の体操やボールを用いたセルフマッサージも教えてもらい、それらも併せて実践したところ、運動中の脇腹痛は改善していきました。
箱根駅伝チームのサポートもされている実績もあり、原因不明の脇腹痛に悩むスポーツ選手におすすめです。

(金子 草平 様 関東在住 20代前半)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ、当院の施術で
ランニング中の腹痛(差し込み痛)がこんなにも
根本改善できるのか?

 

ランニング中の腹痛(差し込み痛)が他で良くならない理由

腹痛

なぜランニング中に腹痛(脇腹痛・差し込み痛)が起こってしまい、一度起こるとクセのようになかなか改善しないのでしょうか?

ランニング中の腹痛にはいくつかの考えられる要因があり、未だ詳細は解明されていません。しかし、当院ではこれまでの経験からいくつかの原因に絞ることが可能になりました。そして、その原因に1つ1つ対処することで、腹痛が続いていた方は、今のところ全例改善して元気にランニングを継続されております。

あなたが今まで整形外科、内科等で精密検査をして、医師から「特に異常はありませんね。お薬を飲んだりして、様子をみて少しずつ走り出してみてください」と言われ、走ってみるも、全く痛みが変わらない、スピードを出したり、長い距離を走るといつも同じ時間で痛みが出てきてしまうなどの場合は、原因へのアプローチが不十分な可能性が高いです。

腹痛に対しては、一般的には病院では内臓の器質的または機能的異常を疑い、それに対して治療を開始します。しかし、血液検査、内視鏡検査、CT・MRIなどの画像検査など精密検査で異常所見がなかった場合は「特に異常がないので、経過をみてください」との判断をいただくことになってしまいます。治療院・整骨院で実施されるリハビリ、ストレッチなどの運動療法のやり方や超音波や衝撃波、電気刺激、鍼治療などの物理療法は、もしかすると今のあなたの症状には合っていないアプローチかもしれません。ふくらはぎの筋肉や後脛骨筋、長趾屈筋の硬さが取れて、足首も柔らかくなり、負荷がかけられるようになったからといって、その運動療法や物理療法だけを継続し続けることによって、回復を遅らせて可能性もあります。

なぜなら、あなたに今起きている痛みの原因に対して、穴のないバランスよいアプローチが実施されていれば、痛みは着実に軽減し、走っても痛みのない状態に戻すことが可能だからです。つまり、あなたにとっての根本的な原因に対する原因療法がなされていなかっただけなのです。なので、ランニング中の腹痛(差し込み痛)が2~3ヶ月以上続き、慢性的な痛みがなかなか変化していかなかったとしても、不安に感じる必要はありません。

あなたの症状から、原因を推定し、筋膜ケアを基本とした今必要な対策をしっかり行えば、中には6ヶ月以上の慢性症状が続いていても、改善していく方も数多くいらっしゃるのです。

ではランニング中の腹痛(差し込み痛)が慢性化しやすいランナーに共通する原因とは何なのでしょうか?これからポイントを解説していきたいと思います。

 

 

ランニング中の腹痛(差し込み痛)の症状について

腹痛

ランニング中に腹痛(差し込み痛)を起こす原因は論文でもさまざまな点から検討されていますが、未だにはっきりした事はよくわかっていません。
報告されていることとして、習慣的にランニングをしている70%のランナーが過去1年以内に経験しており、最も多い発生箇所は肋骨下部の脇腹に生じています。
痛みの感覚や程度は、脇腹が締め付けられるような、引っ張られる感覚やひどい場合は針で刺されているような感覚に襲われるランナーもいるようです。
食事から間を空けずに運動・ランニングを行なった場合に起こりやすく、それ以外にも横隔膜の虚血や腹部にある血管の締め付けによるもの、内臓を支える膜が何らかの原因により炎症刺激が加わったときに生じるとされています。いずれも、各種画像検査・血液検査などを医療機関で受けたのち、臓器の障害はなく、命に別状がない状態と判断される場合が多く、治療院等へ行っても症状は改善せず痛みが続くため、途方に暮れるランナーが非常に多い印象です。

では、ランニング中の腹痛(差し込み痛)は対処のしようがないのでしょうか?当院では、2022年8月現在で延べ90名以上の差し込み痛に苦しむランナーを解決へ導いてきましたので、その経験と解決するためのポイントを解説していきたいと思います。

 

 

ランニング中の腹痛(差し込み痛)の原因とは

腹痛

ランニング中の腹痛を繰り返したり、長引かせる方の特徴として大きく3つあります。

1つ目はケア不足で筋・筋膜に疲労が蓄積することで癒着を起こすことです。
ランナーの皆さんは日々のさまざまなトレーニングを行なっているかと思います。
インターバル走や距離走、ロングジョグ、そして、補強トレーニングやウエイトトレーニング、ランニングドリル等です。
これらは、強度が高いと自覚しやすいものから、強度の高さを自覚しなかったとしても、日々の練習によって筋肉の表面にある筋膜には使い過ぎによる癒着、硬さが身体各所に生じることがわかっています。
ランナーのための専門的なケアを1か月に1回程度しか受けられず、この癒着を放置したままランニングをするような状況では腹痛がいつ起きてもおかしくありません。

2つ目として、食事や間食・補食の「質」に問題があることです。
腹痛を起こしやすい方は偏食の方が比較的多く、アイスクリームやチョコレートなどの砂糖の入った「甘い物」やエナジーゼリーやプロテイン、冷凍食品などの「加工食品」の依存度が高い方いらっしゃいます。
この食習慣の悪影響の出方には個人差があり、全く影響が出ない方もいるのですが、場合によっては胃腸の消化吸収や血糖値の安定に悪影響を及ぼし、胃腸に負担をかけることになってしまいます。

3つ目として、体の使い方、特に腹筋の使い方に偏りがあることです。
腹筋が強い、弱いというよりも、腹筋を使う場所を主に中心部にある腹直筋という筋に頼りすぎており、なおかつ側腹部にある腹斜筋群がうまく共同して働いていないことがあります。
このようなランナーは運動指導の際にも、こちらの指示の通りに腹筋の使い方をコントロールすることが全くできません。
そして、このような特徴を持ったランナーが書籍や雑誌、SNSにある良質な筋トレの手法を実施したとしても、行えば行うほど悪化してしまうことになるのです。
このように多角的な視点を持って施術や運動・栄養食事などの指導にあたって、時間の経過とともに新たな評価視点に基づいて指導内容を随時変更してくれるアプローチがなされなかったために、腹痛の症状を長引かせていた例を日々たくさんみています。

これらを踏まえ、複数ある原因の中で、長引くランニング中の腹痛(差し込み痛)が改善した方に見られた代表的な要因をさらに詳しく解説してみたいと思います。

 

筋膜(Fascia:ファッシャ)や皮膚の硬さによるもの

筋膜は筋線維を外側から収納する筒のようなもの、魚肉ソーセージの包装フィルムをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。
そのフィルムが筋肉のまとまりごとにあり、各筋肉のフィルム(膜)同士がつながりを持っていて、それらが全身に広がっており、筋膜の柔らかさは表面の皮膚の滑りやすさ、つまみやすさにも関係しています。
腹部および隣接する股関節や胸部、用背部周囲には多くの筋膜組織が走行しており、なおかつ、これらの部位の筋膜は、手で触れることのできない深い層である内臓を包む腹膜の層まで一部の線維がつながっていることが超音波画像からわかっています。
そのため、体幹部周囲の筋膜は足部からすね、太ももといった下肢の筋膜と、体幹部の深層にまで強い結びつきがあることにより、下肢や腹部、骨盤部、腰背部のどこかに手術歴や外傷歴などがあったり、使い過ぎによる痛みを抱えていたりすることで、ランニング中に腹痛を起こしてしまう可能性十分あり得るのです。

このように全身に広がっている筋膜や皮膚の硬さに目を向け、専門的知識・技術を持ったセラピストが全身のつながりの中で異常箇所を触って特定し、施術することが、繰り返すランニング中の腹痛(差し込み痛)には必要なのです。

 

体内の慢性炎症によるもの(胃腸症状等)

ランニング中の腹痛(差し込み痛)を起こす方では、何らかの胃腸症状などの内科的症状「練習後の食欲がない…」、「胸がつまる感じがする…」「呼吸がしづらい…」、「手足が冷えやすい…」、「毎朝しっかり黄土色のバナナ状の柔らかい便がでない…」などの症状を持っている方に多く遭遇します。
場合によっては、胃腸関連の疾患で医療機関に通院し薬の処方を受けている方もいらっしゃいます。
このような方は、腹部まわりだけでなく、股関節や胸部、腰部、背部、殿部、太もも、足首周りなどを触ってチェックすると、非常に硬くなっている方がいます。
これは、前述の筋膜の硬さに関係していると考えられます。
筋膜は体表や筋肉だけでなく、筋肉の奥にある内臓を支えている膜(腹膜・胸膜など)に間接的に連結していることが解剖や超音波検査画像による研究から明らかになっています。

ということは、練習によって内臓機能が低下する「内臓疲労」を軽微であっても、繰り返し起こすことにより、内臓に負担をかけ、内臓を支える膜が硬くなり、内側から連結している表面にある筋肉や皮膚を引っ張ることにより、腹部以外の全身に広がる筋膜まで引っ張ってしまうことで硬くしてしまうことがあり得るのです。
このような場合は、股関節や胸部、腰部、背部、殿部、太もも、足首周りなどをくまなくチェックして、内側から表面を引っ張っている部位に対してしっかりアプローチをする必要があります。ただし、このチェックは自分で触ってもなかなか発見する事が困難で、専門の治療家でも難しい事があります。

 

背骨の動きの硬さによるもの

ランニング中の腹痛(差し込み痛)を繰り返す方の多くは、治療院等でのマッサージなどの治療だけを受けていて、運動指導をしっかり受けていない、またはSNS等の情報から自己流で筋トレなどを行なっているだけで、姿勢・動作の専門家であるセラピストやトレーナーから直接、施術と運動指導を受けておらず、背骨や骨盤の位置をさまざまな方向へ自在に動かすこと、要は左右均等に使うことが難しくなっています。

その結果、体全体、特に背骨を歪ませながらランニング・筋トレしていることに気づいてない方によく遭遇します。
ただ単に体がものすごく硬い、状況なら自分でも気づきそうですが、普段からランニングやストレッチ・補強運動をしている方は自分の歪みに気づかず、ある日突然、痛みに見舞われるので困惑されている方が多い印象です。

歪みの場所で一番気づきにくいのは、背骨(胸椎・腰椎)や肩甲骨、肋骨の動きです。背骨の上部にある胸椎には肋骨が付着しており、構造的に動きが制限されやすい特徴を持っています。
肋骨の動きが悪ければ、その上にある肩甲骨の動きも制限され、そのクセ・歪みが日常的になると、硬さが定着し、意識することができなくなってしまいます。
そのことにより、上半身の重みを受ける体幹部の筋群のコントロールが難しくなり、腹部の中央にある腹直筋に頼った使い方になってしまいます。すると、中心部から脇腹にある筋膜を引っ張る力が常時加わり続け、突然脇腹に痛みを起こすことになってしまうのです。
一度、背骨や肋骨、肩甲骨の動きが硬くなり、歪みを起こし、腹筋群などに関連する全身の筋肉の偏った使い方が定着してしまうと、施術と合わせて、姿勢と動きの専門家であるセラピスト・トレーナーに身体の状態をチェックしてもらいながら、指導を受けないとなかなか本来の動きが取り戻せません。

当院では、体の動きの専門家である理学療法士の国家資格を持ったセラピストが、さまざまな機能に影響をしている筋膜について、現地イタリアでの試験に合格した知識・技術を身につけ、施術と合わせて運動の指導を行っております。このアプローチ方法で多くランナーが繰り返すランニング中の腹痛(差し込み痛)の症状から解放されているのです。

 

 

当院ではこのように改善します

施術

1.筋膜の機能(柔軟性の大元・筋のセンサー)を改善

筋膜は全身のあらゆる部位、体表面から内臓や骨などがある深い部分にまで構造的に連結しています。
また、筋膜には感覚受容器が多く存在しているため、感覚神経のネットワークが全身に広がっています。
したがって、この筋膜の機能を改善することは、ただただ気持ちいいだけのマッサージやストレッチをするような柔軟性の改善方法ではなく、自分では気づけない根本的な体の動きを制限している硬い部位に対して専門的な施術をすることで、柔軟性を根本から改善させ、自律神経の働きを阻害している箇所へもアプローチすることができるのです。

これは施術を受けた方の多くの方が「今までになかった感触です!」、「翌日以降も戻る感じがせず、効果がずっと持続するのですごいです!」という感想をお持ちになっています。その結果、症状が改善するだけでなく、思いもよらず「なんか走り方が変わってダイナミックになったね!」と周りの方やラン友さんに指摘されるような副次的な効果を実感される方も実際にいらっしゃるのです。

 

2.自律神経と脳・呼吸の機能を調整

多くのランナーはお仕事や部活動でのご家族・ご友人などの人間関係でのストレスや今までと同じように、思うように走れないことによるストレスを抱えています。
ストレスが高い状態が続くだけで、痛みを慢性化させやすくなることがわかっています。
ストレスが高くなっているということは自律神経の中でも主に体を緊張させる時に働く交感神経が優位になっていて、体をリラックスさせて、回復する時に働く副交感神経が働きにくくなっています。

また、脳の中でも体を緊張させることに関係している部位があり、首肩や背中、ふくらはぎなど体の後面にある筋肉の緊張を抑える働きのある脳の部位(大脳)がサボっていると、ますます背筋やハムストリング(もも裏の筋)、ふくらはぎの筋が緊張しやすく、腹部に引っ張りの力を受け続け、硬くなってしまいます。

したがって、体をリラックスさせる副交感神経や脳の部位の働きを高める施術や呼吸、簡単な運動を組み合わせながら行うことで、筋緊張だけでなく、血流が改善し、痛みが少なくなるように導いていきます。もちろん、硬くなっている背骨や肩甲骨の本来の動き・機能を取り戻すべく、あなたの症状に合わせた適切な運動や体操方法をアドバイスし、改善状況に合わせて、レベルアップを図っていきます。そのことが改善への近道になるからです。

 

3.栄養や食事、睡眠などの生活スタイルをアドバイス

ランニング中の腹痛(差し込み痛)を起こす原因の1つに胃腸関連のトラブルがあることを説明しました。
胃腸関連のトラブルなど内科的な症状の原因には、内臓疲労やストレス、外傷の他に、栄養・食事内容が原因になっていることがあります。

例えば、お食事内容がグルテンや砂糖のたくさん入ったものなどの摂取が1週間のうち2-3日あるだけでも、胃腸機能を低下させ、腸内環境を悪化させることにつながっている方もいます。そのような食習慣や習慣的なストレスの結果、リーキーガット(腸漏れ症候群)を引き起こすことがあります。
リーキーガットは本来、腸管から吸収されるべきでない、病原菌や未消化物が身体の内部である血流に入ってしまい、そのことにより、血行のある全身に慢性炎症が起こりやすい状況に陥る可能性があります。炎症反応は血流にのって、体中どこにでも生じる可能性があるため、一見すると脇腹痛・差し込み痛に関連しないような、「鼻づまり・鼻水」、「喘息のような繰り返すせき症状」、「アトピー性皮膚炎様のかゆみ」なども併発している方も多くいらっしゃるのです。

そこで、まずは食習慣の改善を、辛く感じずストレスにならない程度で、簡単にできることから少しずつ取り組んでもらうことで、「信じられない!食べ物を変えるだけでこんなに症状が楽になるなんて!?」といったびっくりされたようなご感想をいただくことが、実際には非常に多いのです。

 

 

キャンペーン

 

2月7日までに
\ ご予約の方に限り /

 

根本改善総合プログラム

初回60分4,000円
※通常1回8,000円~

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと1名

※全て税込価格

 

tel:0364502515
予約フォームLINE
マップ

 

 

当院では症状の根本改善
だけでなくランナーの
競技力向上のための
トータルサポート
行っています

※こちらは根本改善総合
プログラムに含まれております

 

説明

上記の改善法でも書きましたが、当院では症状改善のための整体や栄養・食事指導も行っておりますが、さらに日々のケアやトレーニング指導も行っています。

 

■日々のケアの指導

日々のケア方法や呼吸法・簡単にできる体操・体の正しい使い方などをアドバイスします。アドバイスを直接受けることで故障や痛み、筋疲労に苦しむことなく、ストレスともうまく向き合うことができて、自分の目指す理想的なランニングライフを自由に楽しむことができるようになります。

 

■弱点を補うトレーニングとフォーム指導

ランニングする上で、自分に足りない要素や非効率なクセ、たとえば筋力低下部位、左右差、フォームの根本的なエラーなどがわかり、練習量が少なくてもベストを出せるような体を作ることができます。

あなたの競技人生がより豊かになるよう全力でサポートしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

まだまだ多くの
喜びのお声
頂いております

 

「しつこかった差し込み痛(腹痛)が消えました!」

普段から1〜2週に1回くらいで中本さんのケアを受けています。
以前に脇腹の痛み、ランニング時の差し込み痛で走りのバランスが崩れ、いろんな怪我に発展して、改善にはかなりの時間がかかってしまったことがありました。
それ以来、一度差し込みが起こるとなかなか良くならず、嫌な思いをするようになっていました。それが、中本さんにみてもらうようになって、腹部の差し込みは徐々に消えていき、いつの間にかに、無くなっていました。
走る時にしか起こらない症状のため、なかなかわかってくれない施術院も多いのですが、中本さんはランナーの腹痛改善のエキスパートだと思いました。
なかなか改善せず、苦労しているランナーは是非訪ねてみてください!

(園木 大斗 選手 中央大学陸上競技部 長距離ブロック所属)

※効果には個人差があります

「なかなか改善しなかった差し込みによる腹痛が起こらなくなりました」

中本さんには時々、みてもらっています。
以前、ポイント練習や全力に近いスピードで走ると、脇腹やみぞおちのところに差し込むような痛みが出ることがあり、だんだんと頻度が増して、全力で走れなくなったことがありました。
ですが、中本先生に1回目の施術をしてもらった時点で、お腹や胸周り、肩がだいぶ軽くなり、その後の練習でも少し気になる程度でほとんど痛みが起こらなくなりました。
その後、念のため3回程度施術してもらった結果、全く腹部の痛みや違和感がなくなり、完全に消失しました。
それ以来、お腹の痛みが出ることなく、しっかり練習に取り組めるようになりました。
そのおかげで、全国の学生No1を決める大会で3位の結果を残すことができました。

(中野 倫希 選手 中央大学陸上競技部 長距離ブロック所属 2022年 日本インカレ1500m3位)

※効果には個人差があります

「実力と実績を兼ね備えた先生です」

私の勤務地である高知に中本先生をお招きし、ランニング障害をテーマとしたセミナーを開催していただく機会がありました。
当時、高校生であった私の息子は、陸上競技部に所属し中・長距離を専門としていましたが、レース中に起こる脇腹の差し込み痛や練習強度が高まると起こる吐き戻しの症状に悩まされていました。
それを知った中本先生は、セミナー当日の実技指導の一環として息子に筋膜施術を施してくれました。一か月後、施術を受けて初めてのレース結果は1500m、5000mともに自己ベストを更新し、1500m(タイムレース)では初めて組1着を取ることができました。さらに二週間後のレースでも1500m、5000mともに自己ベストを更新、特に5000mでは脇腹の差し込み痛の出現もなく、約27秒という大幅な記録更新を達成することができました。
体の不調により思うように練習ができない、結果が出ない、といった悩みを抱える方は競技レベルを問わずに一定数おられると思います。中本先生は高い技術を備えられていることはもちろん、食生活や睡眠といった生活全般における知識も豊富にお持ちです。
ランナーの方はもちろん、陸上競技に取り組む子供さんをお持ちの保護者の方、トラブルの解決にはリブートライフに相談されることをお勧めいたします。

(岡林 賢史様 ご子息 高知県在住 高校生 陸上競技部所属)

※効果には個人差があります

「ランナーにとっては安心して全てを任せられるところ」

陸上競技部出身の市民ランナーです。
約5ヵ月前ぐらいから走ると原因不明の右横腹痛が起き徐々にまともに練習出来なくなりました。
スポーツマッサージやテーピング等やるも改善の兆しなし。医療機関でMRl撮るも異常なし。

藁をもつかむ思いで検索していたところたまたま見つかったのがリブートライフ。
直感で、助けてくれるかもと感じました。
まず、オーナーの中本先生が陸上競技出身だったこと。
また理学療法士としての経験、医学的な知識を持ってらっしゃるため不安なく施術を受けられました。

普通の整体と大きく違うのは、痛みや不具合の箇所を一時的に改善するのではなく根本的な原因を探り徐々に改善へ導いてくれるところ。
また、自身で行うセルフケアの方法や痛みがあった時の対処方法、ランニングのパフォーマンスが上がるためのトレーニングや栄養の取り方などなど多岐にわたってアドバイスしてもらえます。
お陰で、今では腹痛は全く出なくなり、フルマラソンに向かって着実に練習が積めるまで回復しました。
先月は10000mで大幅自己ベスト更新も。

その後、練習を継続している中で起こったアキレス腱の痛み・違和感についても日々お世話になっているおかげで、ひどくならずいつの間にか痛みが消えていました。

また、以前痛めて、それ以来くすぶっていたシンスプリント後脛骨筋の付着部の外脛骨の痛みもお世話になるようになってからあっという間に消えてしまいました!

中本先生からの「大丈夫」という言葉に、いつも力をもらい、自信を持って走ることが出来ています。
感謝しかないです…。

ランニングの怪我や不調続きで伸び悩んでる方、体調不良等、何でも、とても丁寧に対応して下さいます。
心優しい先生です。

施術は多少痛みを伴いますが、施術後の変化に驚きです!
感染対策も万全で清潔感溢れる空間。
心地いいです。オススメです‼️

(林 美子 様(仮名) 神奈川県在住 40代後半)

※効果には個人差があります

 

 

セミナーバナー

 

 

Reboot Lifeが
選ばれる他院とは違う
8つの特徴

 

オリンピック強化スタッフを務めた院長自らが施術を担当

施術

歴20年で2万症例の実績!オリンピック選手をはじめ数多くのアスリートを見てきた院長自らが全ての施術を担当します。これまでの経験に裏付けされた最高峰の技術・知識をご体感ください。

 

 

カウンセリング・検査を徹底してお身体の状態を正確に把握していきます

カウンセリング

症状の原因を知ることが早期改善へと繋がります。あなたの症状が筋膜由来なのか?運動習慣や方法由来によるものか?栄養・食事によるものか?などを正確に判定するために初回のカウンセリング・検査に力を入れております。

 

 

③あなたの症状や改善方法について丁寧に説明します

施術

カウンセリング・検査の結果をもとに、症状の原因やどうすれば良くなるのか分かりやすく説明いたします。施術中もどういう作用があるか、疑問が残らないように一つ一つ解説します。

 

 

④バキバキ・ボキボキしません。あなたの身体に合わせた安全な整体施術

施術

当院ではバキバキと骨を鳴らすような施術は行いません。お身体の状態やお好みに合わせて調整することも可能です。

 

 

⑤充実のアフターフォローで再発しない身体

説明

あなたの身体に一番必要な簡単な体操の指導や、定着のための運動指導、栄養・食事指導など、様々な角度からアドバイスいたします。LINEを使って質問も可能です。

 

 

⑥症状改善のほか様々な効果が期待できます

施術

当院の施術は症状改善以外にも「姿勢が良くなる」「むくみ解消」「体重が落ちて歩きやすくなる」「眼が楽になる」「疲れにくくなる」「便通が良くなる」「寝起きが良くなる」「睡眠の質が上がる」など様々な効果が期待できます。

 

 

清潔な院内が評判!衛生管理も徹底しております

内観

当然のことですが、利用者様ごとに玄関から手の触れる部分や施術エリアなど全て(トイレ含む)の部位を除菌し徹底しております。

 

 

⑧白金台駅から徒歩2分!完全予約制で通いやすい

受付

当院では完全予約制を採用しており、お待たせする無駄な時間を作りません。駅からも近く通いやすい環境を整えております。

 

 

~院長挨拶~

医療機関で1万人
オリンピックスポーツで
2000人をサポートした技術

院長院長:中本 亮二

  • 一般社団法人ランナーズコンディショニング協会 理事長
  • 日本陸上競技連盟医事委員会トレーナー部部員
  • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学、2012~2019年まで)
  • ランニングトラブル専門家
  • 栄養カウンセラー
  • セラピスト

私の経歴をお話しますと、学生時代から社会人にかけて、陸上競技やアメリカンフットボールなど様々なスポーツ現場でトレーナー経験を積みつつ、運動施設でもトレーナーとして健康運動指導に従事しました。

その後、虎の門病院にて理学療法士として脳卒中や腰・膝の術後、ガンなどの様々な障害を有する方のリハビリテーションに携わったのち、国立スポーツ科学センター アスリートリハビリテーション専任理学療法士兼アスレティックトレーナーに就任します。

オリンピック競技種目のトップアスリートをサポートしトラブルを解決していきます。 しかし、アスリートのトラブルは体の問題だけでなく、胃腸や栄養、心の問題がトータルで解決されなければ、根本解決に至らないことを経験。解決方法を求めて、イタリア発祥の最新の筋膜調整の技術を猛勉強。アジアで2人目の認定セラピスト(筋膜マニピュレーションスペシャリスト)となりました。

 

施術

しかし、この時期に激務が続いたことから、自分自身の体と心を壊してしまい、朝起きるのに精一杯、会議の内容が一切理解できない、うつ状態となり、ついにはメンタルクリニックに行くまでに。それでも薬は飲みたくなかったため、一念発起し自分で改善することを決意します。

試行錯誤の末、1年後にすべての症状を解消できたのは、「◯◯だけで解決!」という思考から脱却することでした。 これらの経験を活かして、運動指導+筋膜調整と並行して、自律神経の乱れを整える指導をクライアントさんのセッションで取り入れました。

整体+日々のケア指導+トレーニング・フォーム指導+食事・栄養指導をワンストップで提供できるサロンがReboot Lifeです。

どこに行っても良くならないお悩みを抱えている方も、どこに行けば良いか分からない方も、ぜひ当院にご相談ください。
あなたの力になれることをお約束いたします。

 

 

キャンペーン

 

2月7日までに
\ ご予約の方に限り /

 

根本改善総合プログラム

初回60分4,000円
※通常1回8,000円~

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと1名

※全て税込価格

 

tel:0364502515
予約フォームLINE
マップ

 

東京発/ランニング・ランナー専門の整体「Reboot Life(リブートライフ)」 PAGETOP